ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

若松九州スポーツ杯優勝戦

 若松G3オールレディース九州スポーツ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中谷朋子が押し切り、若松初・昨年9月多摩川G3オールレディースリップルカップ以来となる通算27回目の優勝

江戸川・芦屋・津の優勝戦


江戸川秋川渓谷カップスポーツニッポン杯優勝戦

 追い風9m波高10cmで安定板使用3周戦の優勝戦は1号艇高田明が押し切って先頭に立ち、ジャパネット高田明は4号艇桑原将光(今節選手代表)の追い上げを2周2M包んでかわし切り江戸川初・2021年8月唐津BTS三日月開設25周年記念以来となる通算8回目の優勝

芦屋BTS嘉麻開設12周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から13トップスタートの4号艇三角哲男がカド捲りをかまして先頭に立ち、前走地蒲郡マンスリーBOATRACE杯争奪戦に続く今年3回目・芦屋初・通算96回目にして史上37人目の全24場優勝達成。
 尚、2連単42は5830円・3連単421は16310円。

津中日スポーツ創刊70周年G3企業杯中日カップ優勝戦

 1236/45の進入から1号艇古賀繁輝が4号艇林美憲の捲り差しを締めて振り切り、今年2回目・津2回目・通算47回目の優勝

蒲郡・宮島の優勝戦


蒲郡日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 14/3562の進入から04トップスタートの3号艇村上功祐が3カド捲りを決めた展開に乗った5号艇寺島吉彦(福島県相馬郡新地町出身東京支部111期4723)が捲り差しを決めて先頭に立ち、今年1月の江戸川新春金盃だるま家カップ優勝戦で一度は先頭に立つも抜かれてしまう悔しい思いを味わった寺島吉彦は5度目の優出にしてデビュー初優勝
 尚、2連単53は11490円・3連単531は36290円。

にっぽん未来プロジェクト競走in宮島優勝戦

 枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇河合佑樹に対して3号艇吉田裕平の捲り差しが届いて両者接戦に。
 この状態から河合佑樹が2M外全速戦で吉田裕平を捲り切って単独先頭に立ち、今年4回目・宮島初・通算30回目の優勝

唐津・尼崎・住之江の優勝戦


唐津ミニット開設20周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石田章央が12トップスタートの速攻を決めて、唐津初・2022年10月津FM三重今夜もBuzzBuzz多田えりかと遊ぼう杯以来となる通算16回目の優勝

尼崎「B面の神戸」ええとこええとこBTS神戸新開地杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から12トップスタートの4号艇岡村仁がカド捲りを決めて先頭に立ち、尼崎初・昨年1月住之江全大阪王将戦以来となる通算25回目の優勝
 尚、2連単45は4940円・3連単456は17060円。

男女ダブル優勝戦日本財団会長旗争奪住之江王冠競走最終日

 11R優勝戦(男子)は枠なりオールスロー進入から1号艇岡村慶太が押し切り、住之江3回目・昨年8月多摩川内山信二杯以来となる通算31回目の優勝

 12R優勝戦(女子)は132/456の進入から1号艇三浦永理が押し切り、今年2回目・住之江2回目・通算41回目の優勝

浜名湖・常滑・下関の優勝戦


浜名湖ボートレースチケットショップ岩間20周年記念優勝戦

 展示の241356から本番4/12/356の進入になり、予選1位の4号艇深川真二が07トップスタートの速攻で深インを克服して押し切り、今年2回目・浜名湖7回目・通算111回目の優勝
 尚、2連単42は940円・3連単423は2950円。

常滑愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走優勝戦

 123/465の進入から1号艇谷野錬志(静岡支部)が押し切り、今年3回目・常滑3回目・通算32回目の優勝
 2号艇徳増秀樹(静岡支部)が1M差し順走からの2M差しで2着に入り、静岡支部ワンツー。

G3マスターズリーグ第1戦ケーブルネット下関杯優勝戦

 126/354の進入から1号艇谷村一哉(今節選手代表)45歳が押し切り、先月の前回当地オープン5周年記念モーヴィ下関杯ALL山口GW特選に続く今年2回目・下関11回目・通算47回目の優勝

東京都府中市営G2平和島モーターボート大賞

 東京都大田区で開催の東京都府中市営G2平和島モーターボート大賞G1・G2優出者バトル優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から優出唯一のA2選手だった1号艇奈須啓太が04トップスタートの速攻を決めて、過去2度のG1優出歴がある奈須啓太は前走地福岡日本モーターボート選手会長杯争奪戦に続く今年2回目・平和島初・通算15回目の優勝

 ちなみに平和島はSG開催常連場だった事から、G2開催は今回が初めて(1998年9月開催はG1平和島モーターボート大賞)。
 現在スタンド工事中で場内が狭く、工事終了予定が2028年度になる事から数年間はSGおよびプレミアムG1を開催できないと思われるので、来年以降も工事期間中はG2MB大賞開催があるものと思われます。
ワザかパワーかスピードか

奈須啓太水上ウイニングパレード

 話は変わって、明後日からは東京都府中市にある東京都青梅市営ボートレース多摩川でSGボートレースオールスター笹川賞が開催されますが、平和島今節や多摩川通常開催同様の薄暮開催ではなく昼間開催のため、多摩川無料バス発着駅のJR府中本町駅はオールスター最終日同日にG1東京優駿日本ダービーが開催される東京競馬場の客と合わせて大混雑確実です。

にっぽん未来プロジェクト競走in福岡優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇海野康志郎が08トップスタートの速攻を決めて、前走地浜名湖中日新聞東海本社杯に続く今年3回目・福岡初・通算38回目の優勝

ミッドナイトボートレースin大村2nd優勝戦

 2〜5号艇を87期生が占めた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西村拓也(大阪支部98期4397)が押し切り、大村3回目・昨年6月ウィンボとこなめ開設14周年記念競走以来となる通算43回目の優勝
 6号艇北村征嗣(大阪支部83期3997)が1M遅れ差しから2M最内艇を伸ばして2番手で回り、2周1Mで2号艇寺本重宣(87期4086)を差し切って2番手争いに競り勝ち、大阪支部ワンツーの2連単2650円・3連単162は13120円のヒモ荒れ配当。

 ちなみに今節は優勝戦をセミファイナルの11Rで実施する試みが行われており、来月19日からのミッドナイトボートレースin大村3rdも同様の試みが行われます。
 これは、天候等の遅延により規定の23時までにレースが終わらなかった場合に優勝戦を行えない危険があるため、優勝戦を12R(締切予定時刻22:45)ではなくセミファイナルの11R(締切予定時刻22:19)にしてるそう。
 ということで、12R発祥地N選抜戦は23時過ぎて開催打ち切りになってもリスクが低そうなオールB1級番組でした。

鳴門マクール杯競走優勝戦

 鳴門ヴィーナスシリーズ第4戦マクール杯競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀の艇が浮いて大きくターン流れた所に2号艇松尾夏海と4号艇今井裕梨の差しが入り、2M内先行した今井裕梨が松尾夏海の差し返しを振り切って今年2回目・鳴門2回目・通算4回目の優勝
 尚、2連単2860円・3連単426は21930円。
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ