ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

びわこ・徳山の優勝戦


びわこPayPay銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇北野輝季が押し切り、今年3回目・通算18回目・びわこでは2022年5月の前回大阪スポーツ杯争奪におの湖賞に続く3回目の優勝

徳山yab山口朝日放送杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇上田龍星が11トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・徳山初・通算17回目の優勝

芦屋・平和島・桐生・下関の優勝戦


芦屋福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

 14/2/356の進入から08トップスタートの2号艇渡邉翼(山口支部114期4817)が捲りを決めて先頭に立ち、14度目の優出にしてデビュー初優勝
 尚、2連単25は7880円・3連単251は16880円。

平和島報知杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇佐藤隆太郎(東京支部)が押し切り、今年6回目・平和島4回目・通算13回目の優勝

桐生G3オールレディース日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉優美が12トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・桐生初・通算15回目の優勝

ミッドナイトボートレース下関5thマクール杯争奪戦優勝戦

 枠なり2vs4の進入から3カド捲りを決めた3号艇今垣光太郎が6号艇佐々木完太(山口支部)の差しを振り切って先頭に立ち、下関3回目・昨年8月尼崎ダイスポカップ争奪まくってちょ〜うだい!!以来となる通算116回目の優勝
 尚、2連単36は5630円・3連単361は22040円。

尼崎・福岡の優勝戦


尼崎大阪スポーツ発刊60周年記念ダイスポカップ争奪”インプールをぶち破れ!”まくってちょ〜うだい!!優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げ切り図る1号艇上野真之介に対して2号艇末永由楽の差しが届き、舳先ねじ込んで2Mを先行した末永由楽が単独先頭に立ち今年2回目・尼崎初・通算8回目の優勝
 6号艇繁野谷圭介が1M差し届かず5番手の位置から2M小回り差しで2番手争いに持ち込み、3周1M差しからの最終3周2M内先行で上野真之介に競り勝ち2連単9200円・3連単261は24240円。

 ちなみに5日間開催の今節は決まり手「まくり」決着が昨日までに8本、最終日1本の合計9本でした。

ライジングゼファーフクオカ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎元志(今節選手代表)が押し切り、今年5回目・福岡5回目・通算57回目の優勝

【ウイスキー】戸田アーリー・タイムズカップで山崎郡が優勝


戸田アーリー・タイムズカップ優勝戦

 アーリー・タイムズのタイトル戦は枠なり2vs4の進入から1号艇春園功太が08トップスタートの速攻を決めて先頭。
 しかし、1M差して2番手だった4号艇山崎郡が2M差しで春園功太に追い付き、山崎郡が2周1M鮮やかなカーブを描いての内先行で単独先頭に立ち今年2回目・戸田初・通算22回目の優勝
 尚、2連単950円・3連単413は4820円。
アーリータイムズと山崎


常滑創刊70周年記念中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇杉山裕也(愛知支部)が11トップスタートもターン流れてしまい、2号艇柳沢一(愛知支部)が差しを決めて先頭に立ち今年2回目・常滑15回目・通算65回目の優勝
 杉山裕也は2M外握って2番手争いに競り勝ち、愛知支部ワンツーの2連単950円・3連単213は3070円。

児島・若松・唐津の優勝戦


児島ボートレースチケットショップ岡山わけ開設3周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇土屋智則が1号艇山本修一(岡山支部)を差し切って先頭に立ち、前走地尼崎SGグランドチャンピオンに続く今年2回目・児島初・通算37回目の優勝
 尚、2連単21は570円・3連単216は4330円。

若松ルーキーシリーズ第9戦植木通彦フェニックスカップスカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇藤原碧生(129期5217)が1号艇原田才一郎(今節選手代表122期5028)を差し切って先頭に立ち、今年3回目・若松初・通算3回目の優勝
 尚、2連単21は1220円・3連単213は3270円。

唐津日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 132/456の進入から1号艇岩瀬裕亮が08トップスタートの速攻を決めて、前走地常滑夏のマーゴの湯記念競走に続く今年3回目・唐津初・通算31回目の優勝

海の日記念G2全国ボートレース甲子園in津

 津開催の第6回G2全国ボートレース甲子園優勝戦特設サイト)は枠なり2vs4の進入から1号艇毒島誠(群馬県代表)が04トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・津3回目・通算79回目にして3年ぶり2回目の全国ボートレース甲子園優勝
津で叶えたい夢がある!


住之江G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇井上忠政(大阪支部)が押し切り、今年2回目・住之江3回目・通算9回目の優勝

鳴門徳島バスカップ競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中村魁生が押し切って先頭に立ち、中村魁生は2周1Mで3号艇魚谷智之に差されそうになるも振り切って2020年12月森下仁丹杯争奪2020住之江ファイナル競走以来となる通算2回目の優勝

宮島東洋観光グループ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇島田賢人が押し切り、今年2回目・宮島2回目・通算10回目の優勝

多摩川・丸亀の優勝戦


多摩川坂上忍杯優勝戦

 123/465の進入から1号艇黒野元基が押し切り、今年2回目・多摩川初・通算8回目の優勝

丸亀サッポロビールカップ2024優勝戦

 123/564の進入から09トップスタートの1号艇濱野斗馬が3号艇小坂尚哉の捲りをこらえ切って先頭に立ち、3月の当地G3企業杯琴参バスカップに続く今年3回目・丸亀2回目・通算3回目の優勝
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ