ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日本モーターボート選手会新会長に瓜生正義

 今日付けのスポーツ報知がいち早く報じた公益社団法人日本モーターボート選手会の定時社員総会から。
 「「27日に開催された第10回定時社員総会において理事・監事を選任し、第2回理事会において会長、専務理事及び常務理事を選定し、同日付でそれぞれ就任しましたので、お知らせいたします。」
役員就任のお知らせ

 これにより日本モーターボート選手会会長に昨年の最優秀選手である福岡支部瓜生正義が就任し、副会長時代も含めて2011年から常勤役員・2020年から非常勤役員として選手会長を務めてきた佐賀支部上瀧和則前選手会長は現役レーサーに専念。
 尚、瓜生正義新会長も非常勤役員なので、近年の上瀧和則前会長同様レースには今まで通り参加。
 瓜生正義新会長の話「選手会とボートレースのため、何か役に立てれば…と思い、自分で決意して立候補しました。業界の力になれればと思っています。


 ちなみに26日最終日の唐津SGグランドチャンピオンは地元佐賀支部選手の出場が0人だったため瓜生正義が選手代表を担当。
 そして、30日からの唐津次節ズバッと!!なべチャンネル杯は上瀧和則前会長が会長辞任後初のレースになり、瓜生正義新会長就任後初のレースは7月5日からの下関G2全国ボートレース甲子園になります。

常滑中京スポーツ杯争奪全日本ファイターキング決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇塩田北斗が押し切り、今年5回目・常滑2回目・通算25回目の優勝

桐生ヴィーナスシリーズ第6戦マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇今井裕梨(群馬支部)と捲り差す4号艇松本晶恵(今節選手代表)の群馬支部同士による先頭争いになり、今井裕梨が松本晶恵をなんとか振り切って2Mを先行し、2周1Mと2周2Mもなんとか先頭でターン。
 2周2Mで松本晶恵の差しが届いて舳先が掛かったものの、3周1Mで今井裕梨が外全速マクールで松本晶恵を捲りきって先頭抜け出し、群馬支部トップレーサー92期4238毒島誠と同期4240今井裕梨は20度目の優出にしてデビュー初優勝

浜名湖・鳴門・児島の優勝戦


浜名湖三遠ネオフェニックス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇眞田英二と捲り差す3号艇石丸海渡による先頭争いになり、舳先ねじ込んだ石丸海渡が2M内先行。
 しかし眞田英二が2M差し返して2周1M内先行。
 石丸海渡は2周1M差し返して舳先ねじ込んだものの、両者並走の2周2Mで眞田英二が石丸海渡を捲りきって単独先頭に立ち浜名湖2回目・2020年2月住之江報知新聞大阪発刊55周年記念ダイナミック敢闘旗以来となる通算24回目の優勝

鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西村拓也が押し切り、今年3回目・鳴門初・通算36回目の優勝

児島ルーキーシリーズ第9戦スカパー!JLC杯瀬戸の若鷲決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇黒野元基(119期4960)が押し切り、今年2回目・児島初・通算4回目の優勝

唐津SaGaグランドチャンピオンはグラチャンタイトルホルダー池田キングオブ浩二がグラチャンV2

 21年ぶり2回目の唐津開催となるSGグランドチャンピオン優勝戦特設サイト)は1236/45の進入から1M先行する1号艇池田浩二と差す2号艇上平真二48歳による先頭争いになり、2M内先行する上平真二を池田浩二が差し返して単独先頭に立ち、池田浩二は今年3回目・唐津3回目・SGV10となる通算85回目の優勝にしてグラチャンは2003年丸亀大会以来のV2。

 ちなみに今節は深川真二48歳が直前欠場のため佐賀支部選手は出場なしでしたが、30日からの唐津次節ズバッと!!なべチャンネル杯には出場停止明けのSGV5峰竜太(今節表彰式プレゼンター峰達郎唐津市長の親戚)とSGV4上瀧和則日本モーターボート選手会長という佐賀支部新旧SGウィナーが出場予定です。
これが最強の証明。by優勝戦6号艇赤岩善生

池田浩二と峰達郎唐津市長


宮島道新スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇麻生慎介(広島支部)が押し切り、今年2回目・宮島では2009年9月デビュー初V以来となる2回目・通算15回目の優勝

平和島・若松の優勝戦


平和島府中市長杯優勝戦

 14/2/365の進入から2号艇井口佳典が捲りきった展開を突いて6号艇中村桃佳が捲り差しを決めて先頭に立ち、平和島初・2020年8月宮島ヴィーナスシリーズ第11戦マクール杯以来となる通算8回目の優勝
 尚、2連単7010円・3連単621は29670円。

若松夜王シリーズ第1戦福岡ソフトバンクホークス杯福岡県内選手権優勝戦

 オール福岡支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇新開航が1号艇池永太を差し切って先頭に立ち、今年6回目・若松初・通算10回目の優勝
 尚、2連単860円・3連単213は1750円。

徳山・多摩川の優勝戦


徳山G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田拡郎が10トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・徳山3回目・通算48回目の優勝

ボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦

 123/546の進入から1号艇角谷健吾(東京支部71期3613)が押し切り、多摩川15回目・昨年9月桐生東京中日スポーツ杯以来となる通算73回目の優勝
 4号艇天野晶夫(71期3621)が1M捲り差しからの2M差しで2着に入り71期ワンツー。

 ちなみに多摩川開設記念日は6月9日なので、実質的には10日最終日だった前節ヴィーナスシリーズ第5戦是政プリンセスカップが多摩川バースデイカップでした。

びわこ・住之江・尼崎・芦屋・大村の優勝戦


びわこサンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇河合佑樹が05トップスタートの速攻を決めて先頭。
 しかし、1M差して2番手の5号艇丸岡正典が2周1Mの差しで同体に持ち込み、舳先ねじ込み2周2Mを内先行。
 ですが河合佑樹が2周2M差し返して再度単独先頭に立ち、今年2回目・びわこ2回目・通算22回目の優勝

住之江G3オールレディース2022モーターボートレディスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から捲り差した3号艇五反田忍(大阪支部)と差した4号艇鎌倉涼(大阪支部)による先頭争いに、先差し3番手の2号艇小池礼乃が内切り返しで先頭争いに加わり、小池礼乃が2M内先行。
 ここで鎌倉涼が小池礼乃を差し切って先頭争いを優位に運び、鎌倉涼は2周1M五反田忍を捲りつつ2周2Mで小池礼乃の差しを締めて振り切り、通算20回目・住之江では16度目の優出にして初優勝
 尚、2連単42は6290円・3連単423は38330円。

尼崎スポーツニッポン杯争奪しらなみ賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田俊彦(兵庫支部)が押し切り、前走地びわこ日本財団会長杯に続く今年2回目・尼崎19回目・通算58回目の優勝
 ちなみに今節は「”インプールをぶち破れ!”まくってちょ〜うだい!!」のサブタイトルが付いていましたが、最終日は4本のまくり決着があったものの優勝戦はインプール決着でした。

マリンテラスあしやカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの1号艇青木玄太が3号艇森野正弘の捲り差しを振り切って先頭に立ち、芦屋初・2020年11月徳山住信SBIネット銀行賞以来となる通算12回目の優勝

大村スポーツニッポン杯優勝戦

 123/465の進入から1号艇海野康志郎が07トップスタートの速攻を決めて、大村2回目・通算30回目の優勝
 尚、3号艇山本隆幸が1M外握って2番手も2M出口で振り込み選手責任転覆、2連単16は1690円・3連単164は6630円のヒモ荒れ配当に。

1日遅れの5代目江戸川番長決定戦


江戸川大好き選手集結!5代目江戸川番長決定戦優勝戦

 昨日中止順延により1日遅れで迎えた5代目江戸川番長決定戦最終日。
 1号艇野村誠がスタート踏み込み判定の対象になるも、コンマ05スタートの3号艇福来剛(東京支部)が野村誠を捲りきって先頭に立ち前走地戸田日本財団会長賞に続く今年2回目・江戸川8回目・通算37回目の優勝にして2年ぶり2回目の江戸川番長襲名。
 尚、野村誠は2番手航走も判定の結果+01のフライング返還欠場になり、1M捲り差しで続いた4号艇平尾崇典が2着。
EDOGAWA BANCHOU vol.5


戸田G3マスターズリーグ第3戦優勝戦

 26/1345の進入からコンマ27でスタートどか遅れだった1号艇吉田一郎54歳が超抜の伸びで3カド捲りを決めて08トップスタートの2号艇石川真二52歳を捲りきり、戸田3回目・昨年9月鳴門商工会議所会頭杯競走以来となる通算50回目の優勝
 尚、2連単12は660円・3連単123は2210円と、進入の波乱に対して出目と配当は平穏。

常滑デイリースポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から際どい01トップスタートの1号艇木下翔太を2号艇村田修次が差し切って先頭に立ち、村田修次は木下翔太の2M差し返しを振り切って前走地児島G3マスターズリーグ第2戦瀬戸の名人決定戦に続く今年3回目・常滑4回目・通算57回目の優勝
 尚、2連単1280円・3連単213は3890円。
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ