ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

G1オールジャパン竹島特別は江戸川鉄兵IN蒲郡

 蒲郡開設69周年記念競走G1オールジャパン竹島特別優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇石渡鉄兵が03トップスタートの速攻を決めて先頭に立ち、2周2Mで4号艇池田浩二(愛知支部)に差されそうになるも先頭を守り切り蒲郡5回目・昨年10月びわこG3企業杯つるやパン提供みんな大好き!サラダパン賞以来となる通算85回目の優勝

 ちなみに今回でG1V5(過去内訳は江戸川3・平和島1)の江戸川鉄兵は2008年7月の江戸川開設53周年記念代替開催G1江戸川大賞IN蒲郡に出場してましたが準優敗退で優出ならず、16年越しで蒲郡G1初優勝。
みたいだろ、本気のレース

江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!

浜なこ・みくにの優勝戦


浜名湖体感型動物園iZooカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇塩田北斗が13トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・浜名湖初・通算32回目の優勝

ヴィーナスシリーズ第6戦三国プリンセスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇海野ゆかりがカド捲りを決めて先頭に立ち、前走地大村ヴィーナスシリーズ第5戦マクール杯に続く今年2回目・三国4回目・通算65回目の優勝

桐生・戸田・常滑・児島の優勝戦


桐生MBP津幡開設11周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇出畑孝典が押し切り、今年2回目・桐生初・通算34回目の優勝

 ちなみにレース名のミニボートピア津幡がある石川県河北郡津幡町は、先月の大相撲で初土俵から7場所の史上最速幕内優勝を達成した大の里氏の故郷です。

戸田スマホマクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇青木蓮(埼玉支部129期5220)が押し切り、2度目の優出にしてデビュー初優勝

常滑サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇佐々木完太が11トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・常滑初・通算8回目の優勝

にっぽん未来プロジェクト競走in児島優勝戦

 枠なり3vs3の進入から05トップスタートの4号艇藤原碧生(岡山支部129期5217)がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年3月浜名湖ルーキーシリーズ第5戦スカパー!JLC杯に続く通算2回目の優勝
 尚、2連単42は4400円・3連単421は11120円。

尼崎BTS鳥取開設13周年記念鳥取市長杯優勝戦

 尼崎BTS鳥取開設13周年記念鳥取市長杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉川喜継が4号艇渡邊雄一郎の03トップスタートカド捲りを張り飛ばしながら押し切り、尼崎2回目・昨年12月大村天才バカボン杯に続く通算14回目の優勝
 6号艇平田健之佑が1M差して2着に入り、2連単3740円・3連単164は16230円のヒモ荒れ配当。

多摩川開設70周年記念と芦屋・大村の優勝戦


ボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦

 1954年6月9日に開場した多摩川の開設70周年記念競走は枠なり3vs3の進入から1号艇豊田健士郎が押し切り、前走地唐津スポーツニッポン杯に続く今年5回目・多摩川初・通算20回目の優勝

芦屋G3マスターズリーグ第2戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09スタートの4号艇角谷健吾(71期3611)51歳が07トップスタートの1号艇中辻崇人(福岡支部)47歳に対してカド捲りを敢行して捲り切り、昨年V2の角谷健吾は芦屋8回目・通算76回目の優勝
 5号艇中村真(福岡支部71期3616)51歳が1M差して2番手も、中辻崇人が2M差し返して2着に入り、2連単2360円・3連単415は11400円。

大村夜の九州スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇長野壮志郎が04トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・大村初・通算22回目の優勝

江戸川・津・若松の優勝戦


7代目江戸川番長決定戦優勝戦

 オール東京支部による優勝戦は2号艇久永祥平(122期5023)の差しが1号艇渡邉雄朗(今節選手代表)に届き、2M内先行した久永祥平に対して渡邉雄朗の差し返しは艇が浮いた分届かず、久永祥平は6度目の優出にしてデビュー初優勝
 尚、渡邉雄朗は2Mで内から4号艇若林樹蘭に並ばれ、2周1Mは外全速で食らいつくも、2周2M若林樹蘭が内先行で2番手争いに競り勝ち2連単5990円・3連単241は20360円。

津住信SBIネット銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇仲谷颯仁が03トップスタートの速攻を決めて、津初・昨年4月三国港解禁ふくい甘えび杯以来となる通算20回目の優勝

若松ギラヴァンツ北九州杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入も1号艇永田啓二(福岡支部)がピット遅れからの回り込みで深インになり、それでも07トップスタート踏み込んだ永田啓二が2号艇松村敏(福岡支部)の差しと3号艇佐藤隆太郎の捲り差しを振り切って2Mを先行するも、ターンマークに接触。
 ここで、佐藤隆太郎が永田啓二と松村敏の間を割る捲り差しを決めて単独先頭に立ち、今年4回目・若松初・通算11回目の優勝
 尚、2M窮屈になってもたついた松村敏は最後方になった一方、永田啓二はHS4番手に下がるも2周1M外全速戦で2番手まで巻き返し、2連単1390円・3連単315は7290円。

徳山・福岡・唐津の優勝戦


徳山レノファ山口カップ優勝戦

 123/465の進入から2号艇福田宗平が捲りを決めて先頭に立ち、徳山初・2016年12月ルーキーシリーズ第8戦蒲郡ボート大賞以来となる通算3回目の優勝
 尚、2連単26は8360円・3連単261は27910円。

 ちなみに徳山は今年2月のくだまつ健康パーク杯争奪戦以降、施設工事で開催休止していたため、今節が2024年度初開催でした。

G3オールレディースLOVE FM福岡なでしこカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深川麻奈美(福岡支部)が2号艇櫻本あゆみの捲りを受け止めて押し切り、福岡初・昨年12月丸亀サンケイスポーツカップに続く通算4回目の優勝
 尚、3号艇野田部宏子(福岡支部)は+01のフライング返還欠場。

にっぽん未来プロジェクト競走in唐津優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石倉洋行が08トップスタートの速攻を決めて、唐津初・昨年2月丸亀市議会議長杯以来となる通算11回目の優勝
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ