唐津佐賀県選手権優勝戦

 オール佐賀支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇宮地元輝がカド捲りを決めた展開に乗って5号艇岡部大輔が捲り差しを決めて先頭に立ち、唐津2回目・2011年12月津グランプリシリーズ第8戦以来となる通算7回目の優勝
 1M小回り差し3番手の2号艇古賀繁輝が2M宮地元輝に突進して逆転2着になり2連単26910円・3連単542は126490円。

 ちなみに1月2日の3日目11Rで3号艇峰竜太が14/2356の4コースから捲り差し狙うも2節連続でターンマークに接触してしまい選手責任転覆、2連単62で84780円・3連単625で420710円の42万舟事件が勃発。

蒲郡中日スポーツ杯争奪新春特別覇者決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柳沢一が押し切り、昨年10月の前回当地中京スポーツ杯争奪蒲郡ボートキング決定戦に続く通算58回目・蒲郡9回目の優勝