常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦優勝戦

 124/536の進入から1号艇江口晃生が押し切り、今年3回目・常滑9回目・通算119回目の優勝
 尚、3号艇大平誉史明は4番手航走の1周2M出口で行き場を無くした所に後続艇と接触して責任外転覆。
ボートレースとこなめ


にっぽん未来プロジェクト競走in戸田優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇古澤光紀の差しが1号艇魚谷智之に届き、2M内先行した古澤光紀は魚谷智之の外全速戦を受け止めて今年3回目・戸田初・通算20回目の優勝
 尚、2連単1060円・3連単213は2400円。

津創刊75周年記念日刊スポーツちどり杯争奪戦優勝戦

 1246/35の進入から3号艇永田義紘が絞りに行くも4号艇平本真之が先捲りで抵抗し、更に08トップスタートの1号艇枝尾賢(福岡支部)が平本真之をブロック。
 この展開に乗った5号艇新開航(福岡支部)が捲り差しを決めて枝尾賢を差し切り、昨年V5の新開航は津初・通算20回目の優勝
 尚、福岡支部ワンツーの2連単2570円・3連単514は6950円。