ボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦

 1954年6月9日に開場した多摩川の開設70周年記念競走は枠なり3vs3の進入から1号艇豊田健士郎が押し切り、前走地唐津スポーツニッポン杯に続く今年5回目・多摩川初・通算20回目の優勝

芦屋G3マスターズリーグ第2戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09スタートの4号艇角谷健吾(71期3611)51歳が07トップスタートの1号艇中辻崇人(福岡支部)47歳に対してカド捲りを敢行して捲り切り、昨年V2の角谷健吾は芦屋8回目・通算76回目の優勝
 5号艇中村真(福岡支部71期3616)51歳が1M差して2番手も、中辻崇人が2M差し返して2着に入り、2連単2360円・3連単415は11400円。

大村夜の九州スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇長野壮志郎が04トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・大村初・通算22回目の優勝